ヴィゴラスとは

ヴィゴラスSCは、桜サッカー少年団と桜台サッカー少年団とが一つになり、2002年に誕生しました。Vigorousには 元気いっぱいの・活発なという意味があり、

子どもたちが元気いっぱい サッカーを楽しむクラブにしたいという思いが込められています。

指導者のモットーは「子どもたちが夢中になってサッカーをする環境をつくる。」練習に来た子どもたちが、毎回「今日は楽しかったな。今度はこれをやってみよう」と思えるようなトレーニングを積み重ねることにより、サッカーが大好きになるとともに生活力・人間力を伸ばしていくことを目指して活動しています。

ヴィゴラスサッカークラブ運営方針

1.目指すところ
・環境づくり・・子どもたちが夢中になってサッカーをする環境をつくる。
・選ばれるヴィゴラスになる・・・サッカーをしたい子ども(保護者)が運営と指導方針に共感し、ヴィゴラスを選ぶようになる。
・地域の人たちに愛される・・・行事への参加や奉仕作業等、地域のためにできることをする。

2.父母の会はなし
・これまで地域の少年団として「父母の会」の協力のもと活動をしてきたが、保護者の当番や配車等の負担が多く入団しにくいとの声を聞くので、父母の会は廃止した。

3.活動場所
・活動は主に桜小と桜台小で、現地集合、現地解散とする。
・試合等の対外活動も、現地集合、現地解散とする。

4.クラブメンバー
・6歳(1年生)~12歳(6年生)とする。

5.準備物
・持ち物は個人が選んで購入することを基本とするが、クラブとして指定したり斡旋したりする物もある。
(1)個人で準備する物
・サッカーボール、室内用フットサルボール
・サッカーシューズ、室内用運動靴(フットサルシューズ等)
・練習着、レガース(すねあて)、ソックス
(2)クラブが斡旋する物
①必ず購入する物
・試合用ユニフォーム
②自由購入の物
・ジャージ、練習着、タオル、

6.連絡方法、広報
・連絡は、SNS(LINE)を活用する。
・原則、会議等で集まることはない。
・広報は、クラブ員等の口コミ及びウェブ上のHP(https://vigorous-sc.com)で行う。

7.サッカースクールの開催
・1年生未満の子どもやクラブ員にはならないがサッカーがやりたい子どもを対象に、月に数回サッカースクールを開催する。
・開催日は、第1・4金曜日、第2・3日曜日を原則とする。

サッカースクールはこちらをクリック

8.運営ボランティア(ヴィゴメンバーズ)
・保護者、OB、地域の人たち等を対象に運営ボランティア(ヴィゴメンバーズ)を募集する。